記事一覧

男女

学校で合格率がかなり違う

臨床検査技師は、医師に対して患者の検査結果からの分析情報を提供する専門家になります。大学や専門学校を卒業すると受験資格が得られますが、医学部系の大学からの合格者が多くなっています。専門学校は学校によって合格率の差がそれなりにあります。

詳しく見る

レディ

看護について学びたい

関東在住で将来看護師を目指しているなら、戸田中央看護専門学校がおすすめです。人気の理由は設立から40年の歴史と実績があること、キャンパスもキレイで実習設備が充実していること、国家試験の合格率が全国平均を上回っているところです。

詳しく見る

教材

言葉のリハビリ

言語聴覚士の事について学べる学校の大きな特徴は、「言語聴覚士になるため」に必要な専門的な技術を学べるという点です。とくに他医療職種とは異なり、飲み込みや話すことに特化したリハビリを提供する言語聴覚士には口腔機能や嚥下機能についてより深く勉強しています。

詳しく見る

メンズ

今注目の医療や福祉系資格

理学療法士になるには、大学か専門学校に通う必要があります。大学のメリットとしては、4年間かけてじっくりと勉強することが出来る点が挙がります。専門学校のメリットとしては、修学期間が短く早く就職できる点が挙げられます。

詳しく見る

ウーマン

学校選びのポイントは

はり師、きゅう師になるためには、鍼灸系の学校で課程を修了して国家試験に合格する必要があります。学校選びのポイントは、学校の雰囲気や場所、カリキュラムの内容、国家試験の合格率、学費などをチエックすることです。

詳しく見る

独立開業も目指せる資格

鍼灸

専門学校のメリット

鍼やお灸を使って、経穴と呼ばれる全身にあるツボを刺激し身体の内側から自然治癒力を高めていくのが鍼灸師の仕事です。鍼灸師とまとめていますが、鍼を使うのははり師、お灸を使うのはきゅう師でそれぞれ別の資格です。はり師ときゅう師の両方の資格を持っている人もたくさんいます。鍼灸はWHO(世界保健機関)でも有用性を認められている治療法です。医師になるためには医師免許が必要なように、鍼灸師になるためにも国家資格の取得が必要です。はり師またはきゅう師の資格を得るには高校卒業後に専門学校や大学などの養成課程を修了し、国家試験の受験資格を取得する必要があります。大学の場合は四年生、短大でも3年制です。専門学校の場合は3年制が多いのですが、昼間部だけでなく夜間部が開設されている学校もありますので、専門学校の方が仕事をしながらでも通いやすいというメリットがあります。また、鍼灸師の仕事場としては鍼灸院の他にもスポーツトレーナー、エステなどの美容関連機関、介護など福祉施設など様々です。自分で鍼灸院をオープンするなど独立開業にも適した資格です。専門学校では、たとえば美容鍼に特化したカリキュラムが受けられるなど、卒業後の職業選択に合わせたメニューが受けられるため、資格を取って転職や起業を考えている人にとってはより実践的な内容が学べます。国家資格取得のための専門学校ということもあり、奨学金や社会人向けの給付金の対象になっているケースが多いため、学費を抑えて学べるという利点もあります。

Copyright© 2018 資格を取得して鍼灸師になろう【国家資格の取得が必要】 All Rights Reserved.