記事一覧

今注目の医療や福祉系資格

メンズ

就職に強い資格

理学療法士とは、病院や施設等で患者様や利用者様の身体のリハビリを行う職種です。具体的には事故や病気等で体が動かなくなってしまった方に対して、歩行訓練や医療マッサージ、関節可動域訓練等を行います。それらの医療行為を行って患者様や利用者様がもとの生活に戻れるように、または今よりも楽に生活が送れるように支援していきます。理学療法士になるには、大学に通う方法と専門学校に通う方法があります。どちらも、卒業後に国家試験を受験して合格すると資格を得る事が出来ます。大学に通うメリットとしては、4年制なのでじっくりと勉強することが出来ます。また最終学歴が大卒となるため、一部病院や施設等では給料面で優遇される場合があります。デメリットとしては、学費が高額になるという点が挙げられます。4年制のため、専門学校よりも費用がかかってしまうケースが多いです。さらに、大学入学試験を突破しなければならいため、ある程度の基礎学力が必要となります。理学療法士の専門学校では、3年制のため早く就職したい方にとってメリットが大きいと言えます。費用も大学より修学期間が短いため、抑える事が出来て経済的です。また、専門学校は大学よりも数が多いため、地元から無理なく通学できる事が多いです。デメリットとしては、カリキュラムに余裕があまりない点が挙げられます。大学4年間で学ぶ内容を3年で学ばなければならないため、朝早くから夕方遅くまで授業がある事も多いです。そのため、「理学療法士になるんだ」という強い意志が必要となります。

Copyright© 2018 資格を取得して鍼灸師になろう【国家資格の取得が必要】 All Rights Reserved.