記事一覧

学校で合格率がかなり違う

男女

学校選びが重要

病院などの医療関係で専門的な仕事をするには、事前に資格取得などが必要になります。臨床検査技師は、患者の血液や尿、その他のデータをもとに必要な検査をし、医師が診断をするための情報を提供します。誤った情報を与えればその後の治療にも影響するので、非常に重要な役割のある専門家であり仕事です。その分やりがいもあるでしょう。臨床検査技師になるには一定の学校を卒業し、国家試験を受験して合格しなければいけません。臨床検査技師になるための学校として、4年制の大学、3年制の短大、3年制以上の専門学校があります。どの学校を選ぶか迷うところでしょうが、資格を取得したいのか、検査技術を学んだり研究もしたいのかで大きく分かれます。専門学校、大学の学部などで大きく合格率が異なり、確実に合格をしたいなら選ぶべき学校がある程度決まってきます。合格率が高いのは、医学部などに所属する保健衛生課を持つ大学です。合格者の大半はこの課の大学です。臨床検査技師になるには、それ以外に短大、薬科大学がありますが、医学部系の大学に比べると合格者はあまりいません。専門学校は、学校によって合格率が大きく異なります。90パーセント近い合格率の学校もあれば、50パーセント程度の学校もあります。合格率が高いからと言って合格しやすいかどうかはわかりません。受験のための卒業検定でふるい落とされる可能性があるからです。それぞれの学校の定員と合格者の割合を見ると、より合格しやすい学校がどこかが分かります。

Copyright© 2018 資格を取得して鍼灸師になろう【国家資格の取得が必要】 All Rights Reserved.