記事一覧

言葉のリハビリ

教材

専門的に学べる環境

言語聴覚士は、主に食べ物の飲み込みや言葉のリハビリを行うスペシャリストです。飲み込みのリハビリでは、事故や病気で脳や体に障害を持ったことによって食べることが困難になった方に対して、嚥下訓練などを行います。言葉のリハビリでは、発達障害のために十分話す能力が発達できなかった方や、事故や病気などで話す能力に障害を抱えた方に対して、発話練習などを行っています。このように専門性に特化した内容を学ぶため、学校では医学的な基礎知識から具体的なリハビリの技術など専門的な内容を学びます。専門学校では3年、大学では4年間かけて学び、学校卒業後に国家試験を受けて合格する事で初めて資格を得ることができます言語聴覚士の事について学べる学校の大きな特徴は、「言語聴覚士になるため」に必要なことを勉強するという点です。専門性の高い職業のため、所定の期間の間に専門知識を学んでいきます。とくに他の医療職種と異なる点は、口腔機能や嚥下機能についてより専門的に学ぶ点です。話すことや飲み込むことに特化したリハビリを行っていくため、これらの機能をしっかりと勉強する必要があります。とくに飲み込むためのリハビリは、食事とも深い関係があります。人間の楽しみである食事を、再び取り戻すということは患者様のQOLに直結することです。好きな物を再び食べられるようになりたいという思いは、患者様にとってとても強いものとなります。言語聴覚士は、そんな思いに寄り添ってあげることのできる職種となっています。

Copyright© 2018 資格を取得して鍼灸師になろう【国家資格の取得が必要】 All Rights Reserved.